家を建てる流れ

家を建てるときの流れ

家を建てたい、家を持ちたい・・・
と考えているけれど、何からはじめればよいのか、
どのような手順を踏めばよいのか
よく分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、このサイトでは、家を建てるとき、
一般的な注文住宅を建てる際の主な流れを紹介しますので
参考になさってみてください。

 

(1) 情報収集

 

まずは、情報収集からはじめます。

 

自分が建てたい家に関する情報を、
モデルハウスや広告などで収集し、イメージを明確にします。

 

(2) 資金計画

 

次に資金計画を行ないます。

 

この資金計画はとても大切です。

 

この部分をおろそかにしてしまうと、後々トラブルになることがありますし、
作業が停滞してしまうなどします。

 

そういった部分で、資金計画は、
家つくりの「肝」となる部分であるということができます。

 

(3) 契約

 

土地や建物の具体的な要望をリストアップし、
理想の土地が見つかったらいよいよ契約をしますが、
この契約の時には、大きな責任と覚悟が必要です。

 

(4) 請負業者の決定

 

敷地調査、見積もりの策定し、請負業者の決定をします。

 

この請負業者は、パートナーとして
二人三脚で家つくりをしていくことになります。

 

(5) 住宅ローンの申請

 

請負業者との間で、見積もりと建築プランの調整を行ない、
さまざまな手続きを終えたら、住宅ローンの申請をします。

 

(6) 地鎮祭

 

地鎮祭とは、土木工事を行なう際や建物を建てる際、
神様に工事の無事、安全、建物や家の繁栄を祈る儀式のことです。

 

(7) 着工

 

今までにイメージしてきた住まいが、いよいよ現実になります。

 

(8) 検査

 

設計士や工事責任者など、家つくりに関わった人たちによる検査が行なわれ、
図面どおりに正しく建てられているかどうかが厳しくチェックされます。

 

(9) 登記

 

建てた家に関する情報、権利関係を明らかにする手続きを行ないます。

 

(10) 入居

 

念願のマイホームに引っ越すことができます。