家を建てる流れ

家を建てるときのポイント

家を建てるときには、さまざまな問題がのしかかってくると思います。

 

そこで、家を建てるときのポイントを整理してみました。

 

家を建てるときのポイントは、
「土地選び」、「建築計画」、「ローンの組み方」の3つです。

 

土地選び

 

土地を選ぶときには、立地や道路との関係、
その土地にどのような建物を建てるのか、
その土地に、自分が要望する建物を建てることができるのかなど、
さまざまな条件を考慮に入れなければなりません。

 

建築計画

 

建てる家には、家族の願いや将来の生活がかかっています。
綿密にプランニングすることが必要です。

 

資金計画

 

資金計画の中心になるのは「住宅ローン」です。

 

ひとくちに住宅ローンといっても色々ありますし、
金利の形式もさまざまです。

 

月々の適正な支払額はいくらくらいになるのか、
どのようなタイプのローンが自分達にあっているのかなど、
検討すべき項目はたくさんあります。

 

この資金計画は、家族の生活を一生左右するかもしれない
大切な問題です。

 

それなのに、金融機関から薦められたローンに、
そのまま契約してしまい、「こんなはずじゃなかった。」
と後悔してしまう人も少なくありません。

 

金融機関ごとに用意されている特徴のあるローンを比較し、
自分の家庭にふさわしいローンを選ぶ必要があります。

 

ですから、土地や建物、固有の事情を理解した上で、
適切なアドバイスをしてもらうプロフェッショナルが必要になってくるでしょう。

 

適切なアドバイスができるプロが身近にいれば、
土地を選んでローンを組み、家を建てるという工程が
とても安心です。

 

このようなプロは、住宅会社に勤務しています。

 

ただし、全ての会社が万全のサポートをしてくれるというわけではないので、
事前に信用できる会社であるかどうかを調べることが必要です。

 

万全のサポートをしてくれる住宅会社であれば、
二人三脚で、より良い家を建てることが出来るでしょう。

 

家を建てるときのパートナーとしては、
土地は不動産会社、建物は工務店、ローンは金融機関とするのではなく、
総合的に相談に乗ってくれる住宅会社を探してみましょう。

 

資金計画は、家を建てるときに最も大切な工程になります。

 

安心して、ローンが払え、安心して住むことができるように、
しっかり計画を立てましょう。