家を建てる流れ

土地の探し方

家を建てるための土地を探すときは、
不動産業者を直接訪ねるのではなく、
住宅会社を通して土地を探したほうが効率的です。

 

不動産業者を直接訪ねるのであれば、
なるべく建物にも詳しい経験豊富な業者を選ぶことが必要です。

 

確かに不動産業者は、土地の売買のプロです。
情報もたくさんもっています。

 

しかし、不動産業者にとっての「良い土地」と、
自分にとっての「良い土地」が必ずしも一致するとは限りません。

不動産業者が考える良い土地とは

不動産業者が考える良い土地とは、
価格の高い土地であることに間違いはありません。

 

価格の高い土地は、不動産業者にとっても
仲介手数料が多く入るためメリットがありますし、
立地条件や土地の形、日当たりも良いので
良い家を建てるには魅力的な土地であるといえます。

 

しかし、それが総予算に収まらないこともあります。

 

家を建てるとき、好条件を備えたいですから、
良い土地を求めるのは当然です。

 

ですが、あくまでも予算内であることは第一条件です。

 

予算を考慮したうえで、
自分が建てたい家にあった土地を探すことが必要です。

 

そこで、住宅会社に相談することをおススメします。

 

住宅会社に在籍している土地のプロであれば、
不動産業者から情報を収集しますが、
土地を吟味するときは、建て主の目線で、
その土地が建物を予算内で建てるのに適しているかを判断します。

 

このように不動産業者と住宅会社では、
同じ土地を見るのにも見方が異なってきます。

 

ですから、土地の判断基準に大きく差が出ますが、
家を建てたいのであれば、家を建てるのに適しているか、
予算内でたてることができるかを吟味してくれる住宅会社のほうをおススメしたいのです。

 

また、建築条件付の土地は、格安ですが、
いくつかの制約が設定されています。

 

本当に条件の良い格安物件もあります。

 

そして、建物だけで利益が出るので、
土地は利益無しで分譲している会社もあります。

 

一方、自分の分譲地を売ることを第一に考えている業者があるのも事実です。

 

よく考えてから契約することが必要です。

 

家を建てたいと思ったら、信頼できる住宅会社を探すことも大切です。

 

その住宅会社とは、二人三脚で自分の希望する家を建てていくことになりますから、
信頼関係が成り立たなければ、満足できる家を建てることもできません。